歳をとっても旅が好き

海外ひとり旅の記録?いや記憶かな

南インドひとり旅(1999年) <2> 1日目 出発 旅は初めから大慌て 

ストライキの影響で、各発着便の運航時刻が狂っているのか、真夜中なのにトランジットルームは多くの人達でごった返している。人込みを掻き分けてカウンターの前に出て、航空券を見せながら「Excuse me! Check-in please!」と言いつつ粘った。

南インドひとり旅(1999年) <1> 旅の準備 思い立ったが吉日

一昨年の1997年11月、初めてインド旅行に行った。主に北インドを廻ったが、あの広大なインドのまだほんの一旦しか見ていない。南インドは、一体どんなところなんだろう。早く見に来いと、呼んでいる様な気がする。

インドひとり旅(1997年) <21 最終回> 11日目 帰国

空港のターミナルビルには、出発の3時間前からで無いと入場できないと。仕方なく、向かいのVisitor RoomにRs.10(約35円)を出して入り、休む。並んだベンチに座ってTVを見ていると、突然ニュースに変わり、「山一證券、自主廃業」の報が飛び込んで来た。

インドひとり旅(1997年) <20> 11日目 初めで最後のデリー観光はクトゥブミナール

途中、乗っていたオートリキシャが急に止まって、降りてくれと言う。どうもフロントタイヤがパンクした様だ。どうするのかと見ていると、近くを通りかかった若い男性に声を掛けた。

インドひとり旅(1997年) <19> まだ10日目 「寿限無」じゃないよ、リキシャワーラーとの攻防

オートリキシャのドライバーに、Central Cottage Industries Emporiumへ行ってくれと言った。しかしオートリキシャは、回り道をするのか住宅地の中に入っていく。すると突然、背中越しに「Central Cottageは高い、もっと安いところがある」という。

インドひとり旅(1997年) <18> 10日目 ニューデリーでまた宿探し

YWCA of DELHI blue triangle family hostelの中に入ると、ロビーは何故かアフリカ系の人で一杯だ。しかも洋装ではなく、裾迄長くゆったりとした、カラフルな民族衣装の人が多い。昨晩泊まっていた「YWCA of INDIA international Guest House」では、殆どア…

インドひとり旅(1997年) <17> まだ9日目 YWCAと紙幣の謎

ようやく着いたYWCAのレセプションで、部屋があるか聞いてみる。意外にも、今晩はOKだと。 実はYWCAで、男性が泊れるとは知らなかった。受付の欧米人の女性に「At this YWCA, Can men stay?」と聞くと、「Sure」と。